大好きな息子を失いました

日々の気持ちを吐きだしたく思った事を書いてます。

20年前の5月20日

私の祖母 86歳(母方)が交通事故でこの世を去りました。


私の実家の近所で1人暮らしていた祖母。


家は昔のままだったのでお風呂が無く、実家に入りに来ていました。


20年前の今日、午後8時頃に実家へ向かう途中事故に遭い、そのまま還らぬ人となりました。


小さい時から祖母に可愛いがってもらい、大好きだった、おばあちゃん。


私の子供達も可愛がってくれてたのを思い出す。


昨日まで元気だった、おばあちゃんが突然亡くなり、ずっと泣いてた私!


祖母は30代で祖父を亡くし女手一つで3人の子を育てた。


若い頃は戦後とあって苦労しただろうに、、、


おじいさんにやっと会えたんだよ!って友達から言われ。


辛かった気持ちが和らぎました。


私は、おばあちゃんの教えを忘れていない!それは、人の嫌がる事は進んでやりなさい!


困って居る人がいたら助けてあげなさい!


おばあちゃんには沢山助けてもらったのに、私はおばあちゃんに何もしてあげられなかった!


私はおばあちゃん孝行ができなかったので、これからはお年寄りの役に立ちたく


介護の現場に飛び込みました。 それが、今では私の天職となり。


きっとおばあちゃんも喜んで居ると思う!


あれから20年も経つんだね、おばあちゃん!


息子の事は、何時もおばあちゃんにお願いしてる。


可愛がってくれたひ孫だもん、ちゃんと一緒に居てくれてるよね!おばあちゃん!


拓ちゃんの事よろしくね!おばあちゃん!