schumiloveのブログ

日々の気持ちを吐きだしたく思った事を書いてます。

とても落ちてました。

この10日間 めっちゃ落ちてました。


衣替えしてて、息子がよく着ていたスエットが目に付き


そこから辛くって、衣替えを途中でやめたり


夢に2度程出て来てくれて、凄く嬉しかったんだけど


夢じゃ嫌だ!生きてる息子に会いたいと思ったり


旦那が何気に息子が旅立った年の話しをしてた時には


現実逃避してるのか?


もう息子は居ないんだ、と再認識したり。


そうだよね、もう生きてる息子には会えないんだよね。


あのスエット来てソファでゴロゴロしてよ!


もう、ゴロゴロしてって怒らないから、、、


拓ちゃん、お願いだから帰ってきてよ、、、

利用者さんとの会話

今日、1人の利用者さんとその方のお父様の話しをしてました。(当然、お亡くなりになってます)


利用者 「私の父は桶職人で桶を作っているんだ」


私 「お父さんは幾つなの?」


利用者 「もう60は過ぎてると思うがね」 私は心の中で(貴方が87歳だからそんなワケないやん💧)


私 「お父さんは元気なの?」


利用者 「はい、お陰様で元気だ」


私 「◯◯さんは幾つになった?」


利用者 「私かい?そーだね30歳か40歳かね?」


私 「◯◯さんは87歳だよ!」


利用者 「そーかい、そんな婆さんになったかね」「何もかも忘れちまっただ!笑」と笑って話してた


何もかも忘れちまった、、、羨ましい。。。って思ってしまった。


笑顔でお父様の話をしてる、お婆さんが羨ましいよ。

あれから1年6ヶ月

明日で息子が旅立って1年6ヶ月になる。


あの日から1ヶ月どうやって過ごしたか殆ど記憶が無い。


こんな試練があるなんて、私は前世でどんな悪い事をした?と


神様を恨んだりしていた。


ただベットの中で泣くだけ、何をしても泣くだけで


テレビを付けると辛くって癒しの音楽だけ聞いてた。


私が息子の後追いをすると心配したから


母が居てくれたけど話す事もなく、、、


母も何て話しかければ良いのかわからなかったんだろう。


クリスマスには遺族会があって旦那に連れられ参加してきた。


涙、涙で殆ど話にならず、、、でも辛くって苦しい気持ちを話してきた。


こんなので年明けから仕事が出来るのか?不安だったけど


職場の対応も泣きそうになったら、その場を離れても大丈夫なように配慮してくれ


仕事を続けられている。


今でも辛く、苦しい時がある、、、


いつになれば心穏やかに、息子の事を思い出せるようになるのか?


一生このままなのかもしれない。


ただ、ただ息子に会いたい、はにかんだ笑顔が見たい。


拓ちゃん早く母さんを迎えに来てください!